12月24日、ひなぎく  フロアーでは、

『サンタクロース🎅🤶撮影会』が行われました。

お昼に告知いたしました。

「今日は、皆さま、クリスマスイブ🎄ですね。サンタは🎅🤶何に?乗って来ますか?」と

さりげなく、意識づけをいたしました。

午後に2時に、スタッフS制作の張りぼてソリ🛷登場❗️❗️。

なんだ!、の声が上がり、すかさず、スタッフS。「皆さま、本日は、サンタクロース🎅🤶になってソリ🛷に乗り、お写真を撮りますよ。」

それでは、皆さま順番に ど う  ぞ❣️

なんと今回は、トナカイもご用意いたしました。トナカイ役は、ひなぎく  ケアマネージャー Iさんです。

昔、兵児帯を、四つん這いになって馬になった父親に結び、手綱を引いて背中に乗って遊んだ記憶はございませんか?😆

今回はまさにその気分を味わうのも醍醐味ですよ。

皆さま、サンタクロース🎅🤶になっているかな?

     

 

手綱を持つ手もしっかりで、ケアマネ Iさまもトナカイの動きもリアルです。( *´艸`)

  

撮影会の後、お約束のクリスマスケーキ🎂をいただきました。

  

クリスマスの心温まるエピソードを皆様に。

  

↑ 御覧のように、今回はクリスマスツリー型の抹茶モンブランでした。

あまりにも精巧に、そして、鮮やかな色、手の込んだ装飾のチョコレート粒&お星さまチョコがデコレーション

されておりました。

「どうぞ、召し上がってくださいね!!」とスタッフが申しあげると。

少し、食べるのを躊躇されてる I様がおられ、再度、「召し上がってくださいね!!」とお声をかけると

「これは、本当に食べれるのですか?綺麗で・・・・・」とお答えがございました。

「どーぞ、どーぞ!、抹茶味のモンブランですから、食べれますよ!」と申し上げると、やっと納得されて

食べ始めました。

目👀を輝かせて、きれいな装飾で作り物だと思ったのかな?(しかし、精巧に作ってありますね)

スタッフS談 クリスマスイブに、こんなに心にジーン💛とした素直な質問に。

私たちは見慣れたものであっても、利用者の方々にはとても心の琴線に触れる体験だったのですね。

今後も、利用者様の心の琴線を揺さぶるようなイベントを企画しますよ。